下腹部がぽっこりと膨らんだ、鼠径(そけい)ヘルニア!!!

- comments(0) - いたちゅー
こんにちは雪

お知らせですおしらせ
1月31日(日)は学会参加の為休診となりますkyu
お問い合わせの場合は、留守番電話にお名前と電話番号を吹き込み下さい。
折り返しお電話致しますでんわよろしくお願いしますき

先日ミニチュアダックスの男の子が、下腹部がぽっこりと腫れている
という事で来院されました。体調は全く問題ありませんでした。

ちょうどおチンチンを境にして左右が腫れていました。
何か悪いできものでしょうか…??ということでしたあせる

その部分を触ると柔らかくて脂肪のような触感。
お腹の方に押していくと…
どんどんと小さくなり…
そのまま無くなってしまいました手
しかし、時間をおいてもう一度触るとすぐに元通りガーン

これは鼠径(そけい)ヘルニアという病名です。
「ヘルニア」とは、臓器などが本来あるべき部位から飛び出た状態を指します。


左右の股の所に元々小さな穴があるのですが、その穴が大きいため
お腹の中の脂肪までもが飛び出ているのです。
腸などの内臓が飛び出すことで命を脅かす場合もあります。
男の子でも女の子でも起こりえます犬
お腹とぽっこり膨らんだ部分を横から見たイラストです↓


男の子の場合、元々その穴から精巣に向かう精管や血管が通っています。
そちらにお腹の中の脂肪や内臓が飛び出る場合もあります。
その場合、精巣の袋が大きく膨らみます。
陰嚢(いんのう)ヘルニアといいますえんぴつ


この穴は物理的に開いているので、お薬などで閉じることはできず
どちらのヘルニアでも手術で穴を閉じることになります犬
今回のワンちゃんは手術で左右の穴を閉じましたほし

お腹や精巣の袋に膨らみが出てきた場合、ヘルニアの可能性がありますので
受診されることをおすすめします病院
また悪いしこりなどの可能性もあるので、ご注意頂けたらと思います。

参考図書 インターズー vet.surg. Vol.18 No.1

本日の格言:蟻の穴から堤も崩れる

 
コメント一覧
コメントする

 

無料ブログ作成サービス JUGEM