後ろ足がびっこをひく?膝蓋骨脱臼の手術!!!

- comments(0) - いたちゅー

こんにちはにじ

先日、トリミングに来られたトイプードルさんの
後ろ足がびっこをひくとのことでした。

最初は時々片方の後ろ足を挙げるくらいでしたが、
今は両方ともうまく使えないとのことでしたゆう★

このような歩行でした。 ※動画がうまく見えない時は全画面表示にしてみて下さい。


両方の後ろ足が膝の所で折れ曲がっており、真っ直ぐ伸ばすことができません。

これは『膝蓋骨脱臼』という病気です。小型犬に多く発生します。
膝蓋骨とはいわゆる膝のお皿、それが脱臼するとなぜ足が伸ばせないのか??


正常では膝のお皿は骨に元々ある溝にはまっています。
その溝にはまって、上下に動くことで足を曲げ伸ばししています。

膝蓋骨脱臼では、膝のお皿が元々ある溝から外れてしまいます。
その為、上下に動くことができず足を伸ばすことができません。

溝から外れることを脱臼と言います。
また骨がよじれることで、膝の靭帯を切ってしまい激痛を伴うこともあります。

治療は、物理的に外れてしまっている為、お薬で治したりはできません。
そのため当院にて手術を実施しました。

手術後一週間後での歩行です。
かなり元気に走ってくれるようになりました。 
※動画がうまく見えない時は全画面表示にしてみて下さい。



ワンちゃん、猫ちゃんがびっこをひくことがありましたら、受診をおすすめ
致しますねこ

本日の格言
歩くから道になる、歩かなければ草が生える

コメント一覧
コメントする

 

無料ブログ作成サービス JUGEM