皮膚のただれが強い皮膚病、生検と多形紅斑とは???

- comments(0) - いたちゅー

こんにちはSMILY

 

先日皮膚がただれてガビガビになっているというチワワさんが来院されました泣

 

見ると脇からお腹、足の所にかけて左右対称にガビガビ(かさぶた)が沢山できていましたゆう★

しかし本人は痒がったりしないとのことでした。

 

検査をしましたが、以前の日記にも書いたような細菌、カビ、ダニは見られませんDosomo_kao9

 

飼主様と相談させて頂き、病気の診断をするためには生検が必要とお伝えしました。

 

『生検』とは…?

 

ほんの一部の皮膚を切り取り、皮膚がどういった状態か顕微鏡で診断するものです。

その結果、『多形紅斑』という診断になりました。

 

この皮膚病は、どういった病気なのかな…?

 

体にはバイ菌などの異物が体内に侵入してくると、それをやっつける免疫があります。

 

多形紅斑は、免疫が自分自身の皮膚を誤って異物と見なしてしまい攻撃してしまう病気です。

進行すると更に全身の皮膚が攻撃されてしまいます。

 

その為、皮膚の免疫を抑える治療を開始することになりました。

 

幸いに、お薬の反応は良くキレイな状態になってくれました犬きらきら

これからも元気でいてねハートき

 

皮膚のトラブルでお困りの方がいらっしゃいましたら、当院まで

ご相談頂ければと思います犬

 

本日の格言:昨日の友は今日の敵

 

 

 

コメント一覧
コメントする

 

無料ブログ作成サービス JUGEM